2011 MARCH
 
対馬 春の特大ヒラスズキ


春はヒラスズキが釣り易いと思う。
魚が一つの場所に固まっていることが多い。秋も釣れるが、ベイト次第で居場所がすぐに変わる気がする。

さて今回の対馬、初日は良い感じに荒れている。ポイント開拓をしながら移動していくことに。
朝入ったところはサラシの加減が薄く、さらに潮位が高く満足に攻められない。
まあ初めてのポイントは雰囲気が把握できただけで良し。この島は大きいのでまた次回潮と風次第で攻められる引き出しを増やすことが重要。

移動して前回良型をあげているポイントへ。
連れもいるためサラシを打ち分けながら移動。
自分が先に行きながら、しばらくして後ろを振り返ると魚がが上がっている。遠目からでもかなりのサイズ。
近づいて確認してみると見るとかなり大きい!
ヒラスズキは大きくなると明らかにマルスズキとは別の生き物であると改めて感じるくらい迫力が出る。
 90センチ 7kg!
大きいヒラスズキはカッコいい


しかもそのすぐ後、連れは全く同じサイズを同じサラシから上げた。
つがいでいたのか??

焦る気を落ち着け、自分もサラシを打っていく。
途中良型をヒットさせるもバラシてしまうが、魚は割と濃い様子。
しかし次に来たのは小型、、、、。

きれいな魚体。

春は特に藻が多く、滑るし磯際でミノーに引っかかったり難儀するもそこそこ楽しめた。
次の日は沖磯でヒラマサを狙う。

明けて翌日、波が少し落ち着いて沖磯でヒラマサ狙い。
春にここで本格的にヒラマサを狙うのは初めて。

朝マズメは反応がなかったが、しばらくして水道部分でボイルがはじまり祭り状態!!
広範囲でナブラがでており、。遠目から見ても魚は大きいのが確認できる。
しかし遠い!さらに満潮と重なり手前の水深50cm-1mレンジのところが全て水没し、前に出られないため全くルアーが届かない。それでも100gペンシルをマン振りで投げ続ける。
懲りずに何度も投げていると手前の浅瀬で特大の水柱が!!
魚は大きそう。しかし色が白いのが見え、あきらかに青物でないことがわかるが、重量感のある引き。
残念ながらXR-1の敵ではなく、これはやはり、、、特大ヒラスズキであった。

デカイのは寄せてくるときに水中の姿がバラマンディみたい良いですね。


100g Narudo 100lbsリーダーでヒットしてしまったヒラスズキ 7kg

サラシはなかったので、何度も頭上を通るペンシルにイライラして出てしまったのか?

その後はボイルも消え、ヒラマサの魚影も遠のいたため終了。しかし2日で90cm 7kgクラスが3本も上がるとは、やはりこの島は奥深いと感じる釣行であった。


ヒラマサ
ROD:RAGING BULL XR-1
REEL:SALTIGA 6000
LINE:PE5-6号
LURE:ペンシル他

ヒラスズキ
ROD:MUTHOS Plug Special
REEL:Twin Power 5000
LINE:PE2号
LURE:ミノー

LOGへ