2012 夏 男女群島編


このところキハダフィーバー中の男女群島に行く機会ができた。
少人数では難しいが、今回は運よく福岡のBWHのツアーに参加させてもらうことでそれが可能に。

呼子から高速艇で4-5時間、明け方5時前に目を覚ますと、『一番先につける磯に乗ってもらいますから!!』とのこと。おっと、寝起き男女渡船は結構タフですよ!なんせ初めての場所だし勝手がわからず、周囲は完全に暗闇なのでその渡った磯が広いか狭いかの判断もつかない。。。。

実は結構緊張していて、寝起きで渡船前に入れようと思ったコンタクトが手が軽く震えて入らなかったのは内緒です。。。

夜が明けるまではおとなしくしており、明けてみると割と動き回れるやりやすい磯であることが判明。

しかしこんなに陸地から離れた場所に立派な島々があるとは驚いた。



ゴウゴウと流れる潮を見ながらキャスト開始。しばらくして良型のスマをゲット。


スマもこのくらいのサイズになると旨い!

それからなかなか後が続かないが、沖目でキハダジャンプ大会がはじまる。
ここのキハダストック量はすごいね、、、、。よく見るとダツが追われているみたいだった。
しばらくしてもしかしたら届くかも、というとこまで来たので、少し高台に上がってキャストしていると、なんと磯際のピックアップ寸前で良型のヒラスがヒット。
しかし一気に足下に潜られ、高いところからではロッドによるフォローも全くできず、あえなくラインブレイク。。。

気を取り直して別方向でキャストしていると、何もないところから友人のペンシルにヒット。
キハダと言うよりもオシアGT86に翻弄されているのでは?というファイトだったがなんとかキャッチ。


キハダ10kgでした。

夜は船中で眠り、翌日は別の磯へ乗せてもらう。

ここは水道の中にポツンとあり、落ちたらそのままあっという間に流されていきそうなすごい場所!!



またしても早朝明けきらない暗闇の中で道具を組んでいると、磯周辺でキハダがボイルを始めた
これはチャンスとポッパーで攻めていくとバイト!でも乗らない!友人にも出るが流れが速すぎてルアーが動き過ぎているのかハリにうまく乗らない!そこでシンキングのポッパーでゆっくり目に巻いているとドカン!と派手に水しぶきを上げ、今度は上手くフックアップ成功。

流れに乗って走るが、落ち着いて寄せることができた。

キハダ8kg。

その後はヒラゴやネリゴがポツポツ当たってきたが、大型は現れなかった。

 

時合いは一瞬だったがスケールの大きい釣り場だと思う。別の磯ではワフーを上げている人もおり、どんな大物が来るかわからないところも面白い。


ROD:RAGING BULL XR-1&2
REEL:SALTIGA 6000
LINE:PE5-6号
LURE:ポッパー他

LOGへ